インクの種類|数年先までのメリットを考えてコピー機をリースにしてみよう

数年先までのメリットを考えてコピー機をリースにしてみよう

インクの種類

コピー機

それぞれの違いとは

互換インクとは、インクジェットプリンターに使用できるメーカー品ではないインクカートリッジのことです。しっかりとテスト済みなので、問題なくプリント出来ます。メーカー品である純性インクに負けない印刷のクオリティーで、綺麗にプリント出来ます。ただし、純性インクの品質はかなりレベルが高く、日焼けなどに強く、100年以上写真が劣化しないなどの耐久性に優れています。ですので、長期間使用したい資料やずっと思い出に残しておきたい写真などは、純性インクでのプリントがお勧めです。また、純性インクを回収してそれに新たにインクを詰めて発売しているリサイクルインクとは異なります。互換インクは製造されたばかりの新品であり、回収コストが不要なので安価で販売されています。

賢い選び方とは

互換インクは純性インクに負けず劣らず、人気があります。その最大の理由は安さです。メーカー品である純性インクよりも、格段に値段が安く販売されています。また、インクの容量もメーカー品に比べて大量であることもあります。そのため、インクの減りを気にせずに沢山プリントをしたい人に人気があります。純性インクよりも大幅に安く、コストパフォーマンス面に優れている上に、品質も綺麗で純性インクとの違いも少ないです。長期保管するようなものではなく、ちょっとした資料などを沢山印刷するなら互換インクの方が向いていると言えます。また、メーカー品では生産を中止してしまった古いタイプのインクでも、互換インクならば取り扱っている事もあり、幅広いインクを入手できることも人気の理由です。