数年先までのメリットを考えてコピー機をリースにしてみよう

インクの種類

コピー機

互換インクとは、メーカー品以外のインクジェットプリンター用のインクです。メーカー品に比べて安価で手に入りやすい上に、純性インクのように品質も綺麗で大人気のインクです。メーカー品とは違って様々な企業が開発しているので、種類が豊富です。

詳細へ

純正品を利用

印刷インク

POSシステムにおいて世界的なシェアーを持つ東芝テック株式会社には「e-STUDIO」と呼ばれている複合機があります。複合機に利用するトナーは純正品を利用する事や製品に合うトナーを利用する事が大切です。

詳細へ

プランターの基本概説

女性

3Dプリンターには粉末造形などの具体的な豆知識があります。さらには、コストが削減できることやフォークやキッチン用具などの日用品も作ることができるメリットもあります。これらのことを知っておけば、3Dプリンターをうまく活用することができるのです。

詳細へ

コピー機はリースがお得

ウーマン

初期費用が必要ない

コピー機をリースする大きなメリットは、初期費用が掛からないことです。コピー機の導入には、購入するという方法もあります。しかし、購入するためには、まとまった資金を準備しなくてはなりません。資金繰りに余裕がなく、まとまった資金を準備するのが困難な場合もあるでしょう。リースであれば、初期費用0円で導入できます。まとまった資金を準備する必要はありません。とくに起業時には、コピー機以外にもたくさんの設備を用意しなくてはなりません。コピー機の導入費用を抑えられると、その分の資金で他の設備を購入できます。さらに、毎月の料金を経費扱いできるというメリットもあります。しかも、月々の支払額が一定のため、ランニングコストを把握しやすくなります。

数年先を考える

リース契約をするときは、数年先までコピー機を使う予定があるか考えなければなりません。なぜなら、リース契約には、中途解約できない場合があるからです。契約期間の途中で使わなくなったとしても、中途解約できず、料金を支払い続ける必要があります。どうしても解約したいときは、残りのリース料をまとめて支払わなければなりません。レンタルであれば、リースより短期間でも借りられるので、使いたい期間に合わせて利用できます。ただし、毎月の支払額がリースよりも高額になるため、利用期間が長くなるほど、コストパフォーマンスが悪くなります。では、どのようなときに、リースを選べばいいのでしょうか。リースの契約期間は、通常、3〜6年です。利用期間が3年以上かどうかが一つの目安になります。数年先の利用状況までしっかり考えて決めることが、後悔しないためのポイントです。